ムーミン作者トーベヤンソン展も!ヘルシンキ市立美術館(HAM)

ヘルシンキ市立美術館、通称HAMのご紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

HAM

Helsinki Art Museumの略です。ヘルシンキには美術館がたくさんあるのですが、トーベヤンソンの展示はこちらになります。

中心街のカンピセンターすぐ近くにあります

トーベ・ヤンソン展

トーベの常設展があります、展示は2022/12/31までとのこと。ずいぶん先なので安心です。

小児科病院に書いたムーミンの壁画や、トーベの人物画などが見れます。

人物画には、こっそりムーミンキャラクターも!是非見つけてみてください

トーベの人柄についても紹介されていて、トーベは同性愛者だったということも説明されています。

ムーミンシリーズには、トーベのパートナーをイメージしたキャラクターが存在します。ご存知でしょうか。

トゥーティッキ(日本ではおしゃまさん)です

トゥーティッキはムーミン谷の冬で初登場します。

モデルとなったのがトゥーリッキさんという方で、タンペレのムーミン美術館に保管されている模型などの作成を手がけている方です。

限定ムーミングッズ

展示されているムーミン壁画のポスターが売っています。6€でした。

ヘルシンキ市立美術館の展示物なので、こちらでしか入手できないと思います◎

毎月最終金曜日は入場無料

通常入場料
12€/19歳以上1人
かかりますが、月の最終日金曜日は入場無料です!

今回無料で入れたので
大人2人で、24€=約3240が無料となりました◎

マイマップ

まとめ

ヘルシンキ市立美術館についてご紹介しました。

フィンランド旅行計画されるなら、こちらもおすすめです

当ブログでちょこちょこ紹介させてもらってるハピタスについて紹介します。 ハピタスとは オンラインショッピングやオンライン予...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス