【保存版】目的別にヘルシンキ交通手段、お得なチケット種類、時刻表を徹底紹介!電車、地下鉄、トラム、空港バス、市バス、フェリー、ヘルシンキカード

フィンランド旅行初めての人にもわかりやすく、ヘルシンキ、ヴァンターの交通手段をご紹介します。ここさえ見れば、空港からヘルシンキ市内観光までスムーズに行けるように書きたいと思います!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ヘルシンキはどこにある?

初めてフィンランドへ行く人は、まず地理を理解しましょう。
そんなの知ってるよ!って人も、便利なツールの使い方を紹介しているので
読んでみてください◎

名古屋、大阪、東京などからフィンエアーで来られた方は
「ヘルシンキヴァンター空港(Helsinki Vantaa airport)」に到着します。

実は「ヘルシンキヴァンター空港」といいつつ、ヘルシンキではありません。
ヘルシンキ北側お隣の、ヴァンター(Vantaa)市にあります。

セントレアが常滑市にあるのに、名古屋というのと同じ感覚ですね。
(常滑市も魅力的な街です!)

なので、ヘルシンキ観光するには、まずはヴァンターからヘルシンキ市内への移動が必要となります。(ツアーのホテルもヘルシンキのことが多いと思います)

当サイトで紹介しているおすすめ観光スポットのマイマップがこちら

マップピンが集中している南側がヘルシンキの観光地です。

ヘルシンキ中央駅もここにあります。
ヘルシンキヴァンター空港は北側にある飛行機マークで示しています。
バスで30分ほどの距離となります。

スマホでGooglemapアプリをインストール&グーグルIDでログインできる人は、右上の四角マークをクリックしてみてください。
Googlemapアプリに当サイトのマイマップが表示されます。
(表示されない場合は、Googleにログインしてないかもしれません)

もし、ホテルが決まっているor泊まりたいホテルがあるのであれば、
住所を入れて検索してみましょう。
旅行の拠点がどのあたりになるのかイメージが付きやすいと思います◎

言ってしまえば、あとはGooglemapで経路検索して、
その時刻表通り移動すればほぼ大丈夫です。

ただ、どのチケットを買えばお得なのかは出てこないので、
お得に移動したい方は是非この記事を読んでみてください。

ヴァンター、ヘルシンキ周辺の移動手段

ヴァンター、ヘルシンキ周辺の移動手段は、

  • 電車(HSL)
  • 地下鉄(HSL)
  • トラム(HSL)
  • 市バス(HSL)
  • フェリー(HSL)
  • 空港バス

といっぱいあります。
さらに、チケットの種類もいっぱいあり、それぞれ価格が違います。

HSLはヘルシンキ交通局のことで、ヘルシンキのほとんどの交通機関はHSLチケットを購入すれば乗ることができます。

結局どれを買えばお得なの?と迷ってしまいますので、
目的に合わせて買えるように紹介します。

まずは、移動手段について説明したあとに、
チケットの種類と買い方を紹介します。

移動手段のまとめ

ヘルシンキヴァンター空港からヘルシンキ中央駅まで行く方法

空港についたらまずはホテルを目指すかと思います。

日本発のヘルシンキ直行便は、だいたい現地の夕方前後に到着です。

初めてフィンランド旅行されるなら、おそらくホテルはヘルシンキ中央駅付近
になると思うので、

まずはヘルシンキ中央駅まで行く手段を知りましょう。

空港からヘルシンキ中央駅に行くには

  • 電車(HSL)
  • フィンエアーバス(空港バス)
  • 市バス(HSL)
  • タクシー

があります。

市バスは慣れていないと難しいし、タクシーは高いし、
あまりメリットが無いので、ここでは省略します。
(レンタカーという手もありますが、使ったことないので省略します)

安さをとるなら電車
海外で大きい荷物を持って電車に乗るのもちょっと不安というならフィンエアーバス
がおすすめです。

ヘルシンキの空港から市街地への移動は海外の中でも、かなりハードル低く行えるので、
次の記事を読んで、これなら初めてでもいけそうだーと思ったら、ツアーで何万円もする送迎車を手配する必要は無いと思います。

電車(HSL)


HSL(ヘルシンキ交通局)の電車を利用します。
ヘルシンキにはHSLのほかに、VRという長距離列車の路線もあり、
空港にどちらの券売機も置いてあるので、注意しましょう。
VRはヘルシンキ中央駅からタンペレなどに行く際に利用します。

HSLが青い機械(ピンクもあるようです)、

VRが緑の機械です。

空港に着いたら、電車マークを目印に、地下へ進むと空港駅(フィンランド語でLentoasema駅)に着きます。

PラインIラインがありますが、どっちに乗っても30分くらいで
ヘルシンキ中央駅(フィンランド語でHelsinki駅)に着くことができます。

電車乗り間違えて、「ここどこ(泣)」
なんてことにならないあたり
移動はかなりハードルが低いです!

私はあるヨーロッパの国で、空港から乗換を間違えて、あさっての方向へかなり進んでしまった挙句、目的地への終電がなくなり、泣きそうになりながら知り合いに「I don’t know where I am(泣)」と電話していたところ、携帯の充電も切れて途方にくれたことがありました。
(近くでそれを聞いていたイケメン紳士がタクシー乗り場まで案内してくれて、3万円くらい払ってホテルに着きました)

話はそれましたが、ホテルの場所が決まっているなら、こちらの記事を参考に
Iラインに乗るか、Pラインに乗るか決めると良いです。

今回フィンランドの旅は、スカンディックカイサニエミホテルを利用しました。宿泊記としてまとめましたので、参考になれば嬉しいです(^-^) そ...

料金はチケットマシンからの購入で、片道5ユーロです。

フィンエアーバス


フィンエアーバスは、ヘルシンキヴァンター空港とヘルシンキ中央駅をつなぐ
フィンランド航空運営のシャトルバスです。
朝5時から夜0時まで、約20分間隔で運行していて、30分ほどで中央駅に到着します。

フィンエアーバス乗り場は、フィンエアー、JALなどoneworldグループが到着する
ターミナル2目の前にあり、ここが始発です。

終点のヘルシンキ中央駅まで乗っていればいいので、初心者でも安心です。
確実に座れるし、荷物も荷台に預けることができるので、
電車の中で重たい荷物を持ちながら移動しなくてすみます。

また、フィンエアーバス内はwifiが無料で使えます。
移動中も、色々調べられるのが魅力的です。

料金的には、電車よりも少しだけ高いです。

時刻表はこちら(英語)

Finnair City Bus is the fastest connection between Helsinki City Centre and Helsinki-Vantaa Airport. Departures every 20 minutes. Book your ticket now!

バス乗場、停車駅はこちら(英語)

Finnair City Bus takes you to Helsinki-Vantaa Airport in only 30 min. Departures every 20 minutes. Bus stops straight in front of T1 and T2 terminals!

こちらのバスの停車駅を見てみると、ヘルシンキ中央駅バス乗場(フィンランド語でElielinaukio)までにいくつか停車します。
自分のホテル近くで止まる停車駅があれば、そこで降りても大丈夫です。

料金はバス運転手からの購入で、片道6.9ユーロです。

ヘルシンキ市街観光で移動する方法

ヘルシンキの観光スポットはほぼトラムでいける範囲にあります◎
また、人気スポットのマリメッコアウトレットや、個人的におすすめなショッピングモールitisなどは地下鉄(メトロ)を利用することになります。
ここでは主にトラムと地下鉄の移動方法について説明します。
どちらもHSLの交通機関なので、共通のチケットで利用することができます。

トラム(HSL)


ヘルシンキの中心部を走っている路面電車です。
ヘルシンキの観光スポットはだいたいこのトラムで移動できます。

カードリーダーにカードをかざすか、紙のチケットの場合は、所持しているだけでOK
主要のトラム駅には券売機もありますが、ないことがほとんどなので、
事前に購入するか、どうしても無理なら、運転手さんから直接買います。

ヘルシンキトラムの最新路線図はこちらで公開しています。

2018年後半~2019年のヘルシンキトラムのマイマップを公開しております。 確認はしておりますが、マッピングミスや内容が突然変更される可...

地下鉄(HSL)

マリメッコアウトレットのあるヘルットニエミ駅や、大型ショッピングモールitisのあるイタケスクス駅

ヘルシンキ定番のマリメッコスポット マリメッコ本社のある「ヘルットニエミ駅(Herttoniemi)」周辺のおすすめスポットをご紹介!マリメ...

ムーミンカフェのあるRuoholaht駅に行くには地下鉄を利用します。

ヘルシンキのムーミンカフェ全店舗を写真&マップ付きでご紹介◎クーポン情報も! マップは自分のスマホのグーグルマップアプリで表示できるので、...

地下鉄入口のカードリーダーにカードをかざすか
券売機で購入した紙のチケットの場合は、持っているだけでOKです。
日本と違って改札が無いので、ちょっとドキドキしますね。

スオメンリンナ島への移動する方法


半日くらいまとまった時間がとれるなら、スオメンリンナ島の観光もおすすめ!
フェリーのチケットもHSLで購入することになります。

スオメンリンナ島はユネスコ世界遺産に登録された、海防要塞島です。島の端には大量の大砲台や、迷路のような洞穴要塞があり、戦争の歴史を知ることができます。

また、他にもレストラン、カフェ、博物館、潜水艦などの観光スポットがあり、散歩するだけでも楽しいところです◎

ちなみにフィンランド語でフィンランドをスオミ、
城をリンナといい
スオメンリンナはフィンランドの城塞という意味です。

フェリー(HSL)


マーケット広場の港からフェリーで20分ほど乗車すると到着します。
1時間に1~3本出ています。
チケットは5ユーロで12時間有効です。その日中に帰ってくるなら、5ユーロで大丈夫です。

夏の期間は、他にも、JT-LINEという会社が運営する、水上バスもあり
こちらでもスオメンリンナ島に向かうことができますが、HSLチケットは利用できません。
スオメンリンナまで別の島に寄ることもあるので、HSLよりも時間がかかる場合があります。

ヴァンター観光地への移動する方法

ヴァンターの観光地はあまり観光雑誌に載っていたりしませんが、
ヘルシンキから最も近いイッタラアウトレットや、吊り下げられた照明が美しいミューマルキ教会(Myyrmaen kirkko)など
おすすめなスポットがいっぱいあります。

ミューマルキ教会は電車、イッタラアウトレットは市バスで行くことができます。

電車(HSL)


ヘルシンキ中央駅にはIラインやPラインなどを始め15ものラインが乗り入れます。
同じホームから長距離列車のVR鉄道も発車するので、乗り間違えに注意です!

また、ヘルシンキ中央駅のホームは端から端まで移動したら10~15分くらいかかるほど広いです!

目的の電車があれば、時間に余裕を持ってくることをおすすめします。

ここも、カードリーダーにカードをかざすか

券売機で購入した紙のチケットの場合は、持っているだけでOKです。

市バス(HSL)


ヘルシンキ中央駅すぐ隣には、バス乗場があり、多くの目的地にここから乗ることができます。

このバス停は必ずとまるので、目的地の番号のバス停で待っていればOK

ここから出発しないバスの場合、カンピのバス乗場か、ハカニエミのバス乗場までトラムで移動して乗ることがあります。
その場合、バスを止めるには運転手に見えるように大きく手をふる必要があります。

日本と違って、バス停に人がいたら止まってくれるシステムではないので気を付けましょう。
まわりの人の動きを真似すればOKです。

乗る時はカードリーダーにカードをかざすか
券売機で購入した紙のチケットの場合は、運転手さんに見せればOKです。
また、降りるときは日本のバスと同様に、バス内の釦を押すことで止まってくれます。

チケット種類と価格のまとめ

チケットを購入するなら

  • フィンエアーバスチケット
  • HSLチケット
  • ヘルシンキカード

のいずれか、または組合せになると思います。

ここでヘルシンキカードという新しい言葉がでてきましたが、ヘルシンキカードはヘルシンキ観光に特化した交通チケットです!

それぞれの特徴をご紹介します。

フィンエアーバスチケット

空港からヘルシンキ中央駅へ向かうフィンエアーバスにのみ利用できます。
HSLチケットでの乗車はできません。

空港ツアーインフォメーション、バス運転手、webにて購入することができます。
webで事前に購入した方が若干安いです。

価格(ユーロ)はこちら

空港、運転手 web
17歳以上 6~16歳 17歳以上 6~16歳
片道 6.9 3.5 6.8 3.4
往復 12.6 7.0 12.5 6.8

5歳以下は無料です

web購入はこちらから(英語)

Finnair City Bus takes you from Helsinki City Centre to Helsinki-Vantaa Airport in only 30 min. Bus stops straight in front of T1 and T2 terminals!

HSLチケット

HSLチケットは、年齢、エリア、日数・乗り物、購入方法によって料金が変わります。

年齢

大人料金、子供料金のことです。これは日本でもよくありますね。
年齢によるチケット区分は

Adult 17歳以上
Child 7~16歳
6歳以下は無料です。

ベビーカーに赤ちゃんを載せている場合は、ベビーカーを押している人1人が、全てのHSL交通料金無料になります!
フィンランドは子育て支援大国であり、ベビーカーを押している人が、車内で支払いをしようとベビーカーから手が離れるのが危険だという
考えのもと、このようなルールとなっています。

ちなみにだっこひもでは無料になりません。

エリア

チケットの有効エリア範囲です。
例えば名古屋市内から名古屋市内へ移動する料金は一律だが、名古屋市内から名古屋市外へ移動すると別料金となるといった感じです。

エリア範囲が大きくなるほど、チケットの価格は高くなります。

エリア区分 有効範囲
Helsinki ヘルシンキ市内のみ有効
Espoo and Kauniainen エスポー、カウニアイネン市内のみ有効
Vantaa ヴァンター市内のみ有効
Kerava, Sipoo and Tuusula ケラヴァ、シポー、トゥースラ市内のみ有効
Kirkkonummi and Siuntio キルッコヌンミ、シウンティオ市内のみ有効
Regional ticket Helsinki、Espoo and Kauniainen、Vantaa
の3エリア内で有効
Region two-zone 全エリアの内、ヘルシンキ以外で有効
Region three-zone 全エリアで有効

主な観光地だけの旅行であれば、Helsinki ticket または Regional ticketで十分だと思います。

初日に、ヘルシンキヴァンター空港から、ヘルシンキ中央駅に移動する時は
ヴァンター市からヘルシンキ市に移動することになるので、Regional ticketを買う必要があります。

日数・乗り物

有効日数によりチケット価格が異なります。
また、トラムのみ、フェリーのみのチケットもあります。

日数・乗り物区分 内容
Single ticket 購入から60~100分有効
Helsinkiエリアの場合は60分
Helsinki, Region three-zoneエリア以外は80分
Region three-zoneエリアは100分
スオメンリンナ行きフェリー以外の交通機関に利用できます。

*期限経過する前に乗り込めば、降りるのは期限後でも有効です
*チケットマシンから購入した場合はさらに10分長く有効です。
*有効期限はチケットに記載されます

Suomenlinna ticket 使用開始から12時間有効
スオメンリンナフェリーにのみ利用可能
Tram ticket 購入から60分有効
トラムにのみ使用可能のため、Single ticketよりも少し安い
Day tickets 1day~7daysまで購入可能
1dayは使用開始から24時間有効
2daysは使用開始から48時間有効
電車、地下鉄、市バス、トラム、
スオメンリンナフェリー全てで利用可能

*日付ではなく24時間有効なのがポイント

どのくらい滞在するかによって、買うチケットが異なります。
また、Day ticketは、その日中有効ではなく、24時間の間有効というのが大きなポイント

デイチケットの使い方例1

例えば、初日は夕方ごろにヘルシンキにつくので(日本からフィンエアーの場合)
そこから1Day ticketを買えば次の日の夕方まではトラムなどが利用できます。
次の日夕方以降はホテル近くの徒歩圏内でディナー
なんてプランも可能です◎

デイチケットの使い方例2

例えば、ヘルシンキ滞在が月、火、水、木の4日滞在だとすると、
月曜夕方に空港について、木曜昼過ぎに空港に戻ってくるプランになるので、
3days ticket(72時間)を買えば、滞在中のトラム、地下鉄なども
これだけでまかなうことができます◎

購入方法

チケットをどこで買うかによって値段がかわります。日本で言うと、suicaで購入した方が少し安くなったりしますよね。

購入方法区分 内容
Mobile ticket スマホアプリからチケット購入することで、
シングルチケットの場合は最も安くチケットを購入できます

アプリはこちらから(英語)

Travel Card R-キオスクにてトラベルカードを5ユーロで購入できます
トラベルカードにチャージして利用することで、
チケットマシンなどで買うよりも安くチケットを購入できます。
Suicaみたいな感じですね
Ticket machine 主要な駅に設置してある券売機から購入できます。
券売機で購入すると、紙のチケットが発行されます。
R-kiosk Day ticketはキオスクでも購入できます。
ここで購入するとカードでもらえるので、
紙よりもこちらの方がおすすめ。
値段は券売機と同じです。
Driver 乗車した時に、運転手から購入できます
このチケットは最も高いし、購入に手間取って発車が
遅れたりするのであまりおすすめしません。
この場合も紙のチケットが発行されます。

Single ticketを購入する場合は、上から順にお得です。
Day ticketの場合は、どの場合も同じです。

ただ、最近HSLアプリがどんどんアップデートしているので、
今後アプリでお得なDay ticketが発売されるかもしれないです。

価格比較表

初めての旅行であれば、HSLのエリアチケットとしては、
ヘルシンキだけいけるHelsinki ticketを買うか、
ヘルシンキもヴァンターも行けるRegional ticketを買うかのどちらかになると思うので、
そのふたつで比較します。

Child(7~16歳)
エリア Single トラム フェリー* 1day 2days 3 days 4 days 5 days 6 days 7 days
Helsinki

(ヘルシンキ市内のみ)

Mobile ticket 1.1 4.5 6.75 9 11.25 13.5 15.75 18
Travel Card 1.1 1.7
Ticket machine 1.5 ―** 2.5
R-kiosk
Driver 1.6
Regional

(ヘルシンキ、
ヴァンター、
エスポー間移動可能)

Mobile ticket 2.1 7 10.5 14 17.5 21 24.5 28
Travel Card 2.1
Ticket machine 2.5
R-kiosk
Driver 2.8

*スオメンリンナ島行きのフェリーです
**トラム用子供チケットはトラベルカードでしか購入できません

Adult(17歳以上)
エリア Single トラム フェリー 1day 2days 3 days 4 days 5 days 6 days 7 days
Helsinki

(ヘルシンキ市内のみ)

Mobile ticket 2.2 9 13.5 18 22.5 27 31.5 36
Travel Card 2.2 1.7
Ticket machine 2.9 2.5 5
R-kiosk
Driver 3.2
Regional

(ヘルシンキ、
ヴァンター、
エスポー間移動可能)

Mobile ticket 4.2 14 21 28 35 42 49 56
Travel Card 4.2
Ticket machine 5.0
R-kiosk
Driver 5.5

例えば大人料金、ヘルシンキ市内で見てみると、
2day以降は+4.5ユーロなので、ヘルシンキ市内を2日以上観光するなら2day以上のチケットが圧倒的お得ですね!

ホテルがヘルシンキ市内であれば、初日は必ずヴァンターからヘルシンキに移動する必要があります。
例えば、先ほどの例のように、月~木の4日間ヘルシンキに滞在すると、次の2プランが考えられます。

プラン1

ヴァンターからヘルシンキへのRegionalシングルチケット 4.2ユーロ
ヘルシンキ市内の3dayチケット 18ユーロ
ヘルシンキからヴァンターへのRegionalシングルチケット 4.2ユーロ
合計 26.4ユーロ

プラン2

Regional(ヘルシンキ、ヴァンター間を自由に移動)の3dayチケット 28ユーロ
合計 28ユーロ

となって、プラン1の方が若干お得です。

ただ、ヴァンターにも魅力的な観光スポットはいっぱいあるので、
私だったらヴァンターにも3日間行き放題のプラン2 Regional 3dayチケットを購入しますね!

こんな感じで目的や旅程によって、お得なチケットは変わってきます。

ヘルシンキカード



観光に特化したカードで、HSL乗り放題に加えて、
色んな施設の無料入場や優待がついています。
そのため、HSL day ticketよりはかなり高いです。
しかし、特に美術館めぐりをしたい人は、こちらの方がお得になりえます。

ヘルシンキカードは、1dayから3daysまで選べ、HSLと同じく、追加料金でRegionカードにすると、ヴァンター、エスポーの交通機関も乗り放題になります。

主な優待内容

ヘルシンキカードによる主な優待です。(単位はユーロ)

施設 通常 優待
Hop On Hop Off Bus 30 無料
岩の教会 テンペリアウキオ教会入場 3 無料
アテネウム美術館 15 無料
ヘルシンキ市立美術館(HAM) 10 無料
デザイン博物館 12 無料
ヘルシンキ現代美術館(キアズマ) 14 無料
スオメンリンナ島ガイドツアー(英語) 31 無料
運河クルーズ夏のみ(日本語あり) 25 無料
フィンエアーバス 6.9 4.4
ヘルシンキ大観覧車利用 12 10
タリン行きフェリー往復 70 20%オフ
ポルヴォー半日ガイドツアー 58 29
ムーミンショップ 10%オフ
レストラン 20%オフ
など

などなど全部で50の施設で優待があるとのことです。
詳しくはこちら(英語)

The Helsinki Card includes free entry to 28+ to Helsinki attractions, museums and tours. Save money when sightseeing with The Helsinki Card.

Hop On Hop Off Busは夏季にヘルシンキ観光スポットを巡って運行しているバスで、
好きな停車場で自由に乗り降りできます。目的地によってはトラムより便利です◎

フィンエアーバスの優待もあるので、ヘルシンキカードを利用するなら安心のフィンエアーバスで空港から移動するのもおすすめです。

1dayカードだと、有効期限が使用開始から24時間です。
24時間のうちに全部回れたらかなりお得です。

価格比較表

ヘルシンキカードはWEBサイトでメルマガを登録すると、
度々セール価格の案内があります。
私が受け取ったことのある内容で割引価格も書いておきます。

ヘルシンキカードにNORMALという名前のチケットはありませんが、WITH REGIONと区別する為に、ここではヘルシンキ市内のみの交通に使えるヘルシンキカードをNORMALと呼ぶことにします
Child(7~16歳)
1day 2days 3days
通常 割引 通常 割引 通常 割引
NORMAL

ヘルシンキ市内のみ

24 21.6 29 26.1 34 30.6
WITH REGION

ヘルシンキ、
ヴァンター、
エスポー間の移動可能

26 23.4 32 28.8 37 33.3
Adult(17歳以上)
1day 2days 3days
通常 割引 通常 割引 通常 割引
NORMAL

ヘルシンキ市内のみ

48 43.2 58 52.2 68 61.2
WITH REGION

ヘルシンキ、
ヴァンター、
エスポー間の移動可能

52 46.8 64 57.6 74 66.6

HSL 1day ticketが9ユーロに比べ、ヘルシンキカードは48ユーロなので
かなり価格差があります。

しかし、24時間以内に優待の美術館全てめぐって、運河クルーズやスオメンリンナ島ツアー
など参加することができれば余裕で元がとれます◎

ヘルシンキカードを割引価格で購入できる場合は、WITH REGION(ヘルシンキ、ヴァンター、エスポー間の移動可能)を買った方がお得です。

ホテルがヘルシンキの場合、必ずヴァンターからヘルシンキへの移動が発生しますが、ヘルシンキカードNORMALではヴァンターからヘルシンキへの移動ができないので、別途シングルチケットを買う必要があります。

NORMALの場合
  • ヘルシンキカード 43.2ユーロ(割引価格)
  • HSLシングルチケット ヴァンターからヘルシンキ 4.2ユーロ

合計 47.4ユーロ

これに対し、

WITH REGIONの場合
  • ヘルシンキカードWITH REGION 46.8ユーロ(割引価格)

合計 46.8ユーロ

となって、WITH REGIONを買った方がお得になります。

どのチケットを買うとお得なのか

ここまで長々と説明しましたが、結局どのチケットを買えば良いの?
というところの説明です。

4日間滞在のプランで、タイプ別に分けてみました。

①は空港-ヘルシンキ間を電車(HSL)で移動する場合
②は空港-ヘルシンキ間をフィンエアーバスで移動する場合です。

下記リンクで飛びます
たくさんの美術館にまわりたい
スオメンリンナ島に行きたい
とにかくヘルシンキ市内をまわりたい
ヴァンターにも行ってみたい
街並み、公園を散歩したい

たくさんの美術館にまわりたい

一日でたくさんの美術館をまわるならヘルシンキカード一択ですね!
ヘルシンキ市内の美術館、博物館はかなり近い距離にあるので、1日でたくさんまわることは可能です。
まわり方にもよりますが、トラムで10分も乗れば着くと思います。

美術館はどこも入場料10ユーロほどするので、ヘルシンキカード1day 48ユーロに対し、
4個もまわれば元が取れます。(HSL 1日乗り放題も含むため)

プランとしては、
ヘルシンキカードを使うなら初日か最終日がおすすめです。
その他の日は、HSL 2days ticketが使えるからです。

ただし、月曜日は美術館、博物館などはほとんど休館なので注意してください。

ヘルシンキカード 前半に購入プラン

1日目
17時頃 ヴァンター空港到着
ヘルシンキカードを購入 48ユーロ
①HSL Regional Single ticketを購入 4.2ユーロ
②ヘルシンキカード優待フィンエアーバスチケットを購入 4.4ユーロ
ヘルシンキ中央駅へ

ホテルに荷物を置いて、ヘルシンキカードで美術館をまわる
(美術館によっては20時まで開館しているところもあります)
ヘルシンキカードのレストラン優待を使ってディナー

2日目
午前中 ヘルシンキカードで美術館を回る
ヘルシンキカードのムーミンショップ優待でお土産を買う
午後 ヘルシンキカード優待で運河クルーズなど楽しむ(2時間くらい)
17時頃 24時間経過するギリギリで最後の美術館に入る(入ってしまえばゆっくり見ることができます)
HSL Helsinki 2days ticketを購入 13.5ユーロ
3日目
終日 day ticketでヘルシンキ市内観光
4日目
13時頃 ①HSL Regional Single ticketを購入 4.2ユーロ
②フィンエアーバスチケットを購入 6.9ユーロ
空港へ

合計
① 69.9ユーロ(70ユーロ以上の優待含む)
② 72.8ユーロ(70ユーロ以上の優待含む)

ヘルシンキカード 後半に購入プラン

1日目
17時頃 ヴァンター空港到着
①HSL Regional Single ticketを購入 4.2ユーロ
②フィンエアーバスチケットを購入 6.9ユーロ
ヘルシンキ中央駅へ移動

HSL Helsinki 2days ticketを購入 13.5ユーロ
トラムでヘルシンキ市内観光&ディナー

2日目
終日 day ticketでヘルシンキ市内観光
3日目
午前 day ticketでヘルシンキ市内観光
12時頃 ヘルシンキカード購入 48ユーロ
ヘルシンキカードで美術館巡り
夕方 ヘルシンキカード優待の運河クルーズ(2時間くらい)
ヘルシンキカードレストラン優待を使ってディナー
4日目
午前 ヘルシンキカードで美術館を回る
ヘルシンキカードのムーミンショップ優待でお土産を買う
12時頃 24時間経過するギリギリで最後の美術館に入る(入ってしまえばゆっくり見ることができます)
13時頃 ①HSL Regional Single ticketを購入 4.2ユーロ
②ヘルシンキカード優待フィンエアーバスチケットを購入 4.4ユーロ

空港へ

① 69.9ユーロ(70ユーロ以上の優待含む)
② 72.8ユーロ(70ユーロ以上の優待含む)

スオメンリンナ島に行きたい

スオメンリンナに行くなら半日は使いたいところです。

英語に強いのであれば、ヘルシンキカードのスオメンリンナ島ガイドツアーがおすすめ。
スオメンリンナ内の有料施設にもこれで入ることができます。

自分でゆっくりまわりたいのであれば、HSL day ticketがおすすめ

ヘルシンキカードプラン

1日目
17時頃 ヴァンター空港到着
ヘルシンキカードを購入 48ユーロ
①HSL Regional Single ticketを購入 4.2ユーロ
②ヘルシンキカード優待フィンエアーバスチケットを購入 4.4ユーロ
ヘルシンキ中央駅へ

ホテルに荷物を置いて、ヘルシンキカード優待施設をまわる
ヘルシンキカードのレストラン優待を使ってディナー

2日目
10時頃 ヘルシンキカード優待のスオメンリンナ島ガイドツアーへ(4時間くらい)
15時頃 ヘルシンキカードの優待施設巡り
ヘルシンキカードのムーミンショップ優待でお土産を買う
17時頃 24時間経過するギリギリで最後のヘルシンキカード優待施設を利用
HSL Helsinki 2days ticketを購入 13.5ユーロ
3日目
終日 day ticketでヘルシンキ市内観光
4日目
13時頃 ①HSL Regional Single ticketを購入 4.2ユーロ
②ヘルシンキカード優待フィンエアーバスチケットを購入 4.4ユーロ
空港へ

合計
① 69.9ユーロ(70ユーロ以上の優待含む)
② 72.8ユーロ(70ユーロ以上の優待含む)

HSL day ticketプラン

1日目
17時頃 ヴァンター空港到着
①HSL Regional Single ticketを購入 4.2ユーロ
②フィンエアーバスチケットを購入 6.9ユーロ
ヘルシンキ中央駅へ

HSL Helsinki 3 days ticketを購入 18ユーロ
ホテルへ移動
トラムでヘルシンキ市内観光&ディナー

2日目
10時頃 HSLフェリーでスオメンリンナ島へ(4時間くらい観光)
15時頃 day ticketでヘルシンキ市内観光
3日目
終日 day ticketでヘルシンキ市内観光
4日目
13時頃 ①HSL Regional Single ticketを購入 4.2ユーロ
②フィンエアーバスチケットを購入 6.9ユーロ
空港へ

合計
① 26.4ユーロ
② 31.8ユーロ

とにかくヘルシンキ市内をまわりたい

とにかくヘルシンキ市内観光地をまわりたいのであれば、HSL Helsinki 3 days ticketでOK
トラムも地下鉄も乗り放題です

HSL day ticketプラン

1日目
17時頃 ヴァンター空港到着
①HSL Regional Single ticketを購入 4.2ユーロ
②フィンエアーバスチケットを購入 6.9ユーロ
ヘルシンキ中央駅へ

HSL Helsinki 3 days ticketを購入 18ユーロ
ホテルへ移動
トラムでヘルシンキ市内観光&ディナー

2日目
終日 day ticketでヘルシンキ市内観光
3日目
終日 day ticketでヘルシンキ市内観光
4日目
13時頃 ①HSL Regional Single ticketを購入 4.2ユーロ
②フィンエアーバスチケットを購入 6.9ユーロ

空港へ

合計
① 26.4ユーロ
② 31.8ユーロ

ヴァンターにも行ってみたい

滞在中、1回でもヴァンターへいくなら、HSL Regional 3 days ticketがお得の可能性大です
Regional day ticketを買うなら、空港から電車でヘルシンキに行った方が圧倒的にお得。

HSL Regional day ticketプラン

1日目
17時頃 ヴァンター空港到着
①HSL Regional 3 days ticketを購入 28ユーロ
②HSL Regional 3 days ticket&フィンエアーバスチケットを購入 28ユーロ+6.9ユーロ

ヘルシンキ中央駅へ

ホテルへ移動
トラムでヘルシンキ市内観光&ディナー

2日目
終日 Regional day ticketでヘルシンキ&ヴァンター市内観光
3日目
終日 Regional day ticketでヘルシンキ&ヴァンター市内観光
4日目
13時頃 ①HSLで移動ならチケット購入不要
②フィンエアーバスチケットを購入 6.9ユーロ

空港へ

合計
① 28ユーロ
② 41.8ユーロ

街並み、公園を散歩したい

歩くのが好きなのであれば、day ticketは買わずに、single ticketだけで移動するのもおすすめ。Single ticket は購入から60分有効なので、うまく使えばsingle ticket だけでお得に移動できるかも!

ヘルシンキから市バス(HSL)で20~30分のセウラサーリ島(Seurasaari)にある
野外博物館では野生のリスなどもいる森で、ハイキングが楽しめます。

スオメンリンナ島内は徒歩移動のみなので、シングルチケット買う方には、スオメンリンナ島観光もおすすめ。

HSL single ticketプラン

1日目
17時頃 ヴァンター空港到着
①HSL Regional Single ticketを購入 4.2ユーロ
②フィンエアーバスチケットを購入 6.9ユーロ

ヘルシンキ中央駅へ

①HSL Regional Single ticketが80分有効なので、有効期限までトラムを利用

ホテルへ移動
徒歩orトラムでヘルシンキ市内観光&ディナー

2日目
午前 HSL Single ticket購入 2.2ユーロ
市内をトラムで観光(60分以内)
シングルチケット購入から60分以内に、セウラサーリ島行き市バスへ乗車

セウラサーリ島観光(3~4時間)

15時頃 HSL Single ticket購入 2.2ユーロ
セウラサーリ島からヘルシンキ中心地へ
有効期限60分までトラムで観光

有効期限過ぎたら、徒歩で街中散策

3日目
終日 (個人的なおすすめ散策プラン)
徒歩で大聖堂→ウスペンスキ寺院→エスプラナーディ公園沿いを散策
さらに南側海沿いのカイヴォプイスト公園まで散策
海沿いのカフェウルスラがおすすめ

HSL Single ticket購入 2.2ユーロ
トラムでデザインディストリクトへ
カウニステやイヴァナヘルシンキなどフィンランドメイドなお店を探索

60分以内にトラムを乗り継いで西側海沿いのシベリウス公園へ
シベリウス公園を散策
海沿いのカフェ・レガッタがおすすめ

南へ徒歩移動し、テンペリアウキオ教会→カンピ礼拝堂

4日目
12時頃 ①HSL Regional Single ticketを購入 80分トラムで観光 4.2ユーロ
13時頃 ①80分経過する前に、電車(HSL)に乗車
②フィンエアーバスチケットを購入 6.9ユーロ

空港へ

合計
① 15ユーロ
② 20.4ユーロ

まとめ

目的別に、おすすめの交通チケットをご紹介しました。
自分にあったプランで購入してみてください◎

最後に価格表のリンクをまとめておきます。
フィンエアーバスの料金表
HSLの料金表
ヘルシンキカードの料金表

ヘルシンキのおすすめスポットはこちらのマイマップに随時更新中◎

ヘルシンキ周辺のマイマップを公開しております。 確認はしておりますが、マッピングミスや内容が突然変更される可能性もありますので、公式サイト...

Amazonギフト5000円分プレゼントキャンペーン

愛知、兵庫 神戸、大阪、福岡、宮崎、大分、富山、金沢、福井、高知、盛岡、長崎、広島で結婚式を検討中の方に朗報です!

当サイト経由でお得に結婚式を挙げることができちゃいます

どうしてお得になるのか?もわかりやすく説明していますのでご安心ください

詳しくはこちら

愛知・三河・名古屋で式場探ししている方におすすめなのがララシャンスOKAZAKI迎賓館です。ララシャンスの魅力をたっぷりご紹介!当サイト経由...
はぴたす

普段の生活からちょっとお得に

普段のショッピング、お店の予約、旅行、

そのままお金を払っちゃうのはもったいないです!

少しの工夫をするだけで、同じ支払額でも、

お得に購入できてしまう方法があります◎

1ヶ月で2万円のお小遣いも夢じゃない

詳しくはこちら

当ブログでちょこちょこ紹介させてもらってるハピタスについて紹介します。 ハピタスとは オンラインショッピングやオンライン予...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス